十八楼物語 - 松尾芭蕉と岐阜 -

十八楼物語 - 松尾芭蕉と岐阜 -

十八楼物語

万延元年創業 十八楼物語

松尾芭蕉と岐阜


 芭蕉は高名な俳諧師だったので、地方へ出れば、必ずその地の俳人仲間が手厚いもてなしで迎え入れた。
 中部地方では、名古屋・熱田・鳴海・大垣・さらに、岐阜の地にも、そういう仲間がおり、元禄期(一六八八~一七〇四)の岐阜俳壇の隆盛は、大垣に劣るものでなく、その中心は安川落梧であった。
 落梧は、岐阜本町の人で、通称助右衛門といった。京都と取り引きする呉服小間物商で、屋号を萬屋という。岐阜屈指の富豪であり、一面すぐれた人格者で世の信望厚く、岐阜俳壇の大御所として、月々、俳筵(句会)を開いて蕉風の普及につとめた。
 芭蕉の岐阜来遊も、落梧の度重なる鵜飼見物の招きに応じたものである。貞享五年(一六八八)六月、岐阜妙照寺の僧で俳人でもあった己百の案内で来岐し、 多くの岐阜俳人仲間の出迎えを受けて、妙照寺の奥書院に旅装を解いた。(現在、妙照寺に芭蕉滞在の部屋が残っている。岐阜市梶川町)
 その挨拶句として、

松尾芭蕉像
木造芭蕉像

宿りせむ あかざの杖になる日まで

を物された。
 句意は、この家に泊って、あるじの己百の心をこめたもてなしで、とても居心地がよい。このままゆっくりと滞在させてもらいたいものだ。その気持は、い ま、庭に小さい花をつけているあかざ(藜、一年生草木。茎は約一メートルに達する)が、秋になって背が高くなり、杖に用いることが出来るようになるまで、 ゆっくりと世話になっていたいものだといっている。親しみ深い、その人格の偲べる句である。
 岐阜滞在中、多くの俳人が芭蕉を招待した。まず、安川落梧亭に招かれ、この日名古屋から芭蕉を迎えにきた山本荷兮(名古屋の俳人、医者)と、当時流行の三つ物(俳諧の発句と脇句と第三句をいう)を試みた。

蔵かげの かたばみの花 めづらしや    荷兮

(折てやトモ)
ゆきてや 掃かむ庭に 箒木    落梧

七夕の 八月はものの 淋しくて    芭蕉

 ついで、中川原新田(岐阜市湊町)の油屋、賀嶋善右衛門(俳号歩)の水楼(長良川に臨んだ高殿)で遊んだ。主人の求めに応じて楼名を選び、有名な「十八楼の記」を書いた。(現在、「十八楼」の一階ロビー壁面に、芭蕉の「十八楼の記」が展示してある。)

 

十八楼の記(読解)

美濃の国ながら川に望みて水楼あり、あるじを加島氏と云ふ、伊奈波山後にたかく、乱山西にかさなりてちかゝらず、また遠からず、田中の寺は杉の一村にかく れ、岸にそふ民家は竹のかこみの緑も深し、さらし布所々に引きはへて、右に渡し船うかぶ、里人の往かひしげく、魚村軒をならべて網を引き、釣をたるゝおの がさまざまも、たゞ此楼をもてなすに似たり、暮がたき夏の日もわするゝばかり、入日の影も月にかはりて、波にむすばるゝかがり火のかげもやゝちかうなり て、高欄のもとに鵜飼するなど、誠にめざましき見物なりけらし、かの瀟湘の八のながめ、西湖の十のさかひも、涼風一味のうちにおもひこめたり、若し此楼に 名をいはんとならば、十八楼ともいはまほしや

  このあたり目に見ゆるものは皆涼し

はせを

貞享五仲夏

*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*

十八楼の記(口語訳)

美濃の国(岐阜)の長良川に面して、川がよく眺められる様になっているたかどのがある。
ここの主を賀嶋氏と云う。金華山が高くそびえており、低い山や高い山が西の方に重なり合って、近くでも、遠くでもない距離に見える。田畑の中にある寺は、杉木立の中にある村にあり、隠れてよく見えない。
岸に沿って建つ民家は、竹の塀の緑もあおあおとしている。白くさらした布がところどころに引き伸ばしてある。右岸には、渡し船が浮かんでおり、そこらあた りに住む人の往来が激しい。漁村(川魚を捕り生計を営む人の集落)が沢山あり、漁師が魚捕りの網を曳いたり、釣をたらして漁をしている。そのような様子 (人々が忙しくそれぞれ働いている光景)も、私のお邪魔している水楼(川に面して建てられている高い建物)でも同じで、皆が忙しく働いていて、私をもてな してくれている。やがて日が暮れてゆき、夏の日が長いのも忘れる位に日が沈むと、すぐに月が出て、夕日の影が川面の波に写っている。鵜飼の篝火が近くに見 えてきて、私のいる高い建物の下で鵜飼をすると云う、本当に珍しい見物ができたことである。かの有名な中国の瀟湘八つの景色と、西湖の十の地も、すがすが しいこの景色の中にあるように思われる。私のいるこの建物に名前を付けるなら、十八楼とでも本当にいいたい事だなあ。
 「このあたり目に見ゆるものは皆涼し」
この水楼からの景色は野も川も森も村々も遠い山も総てがすがすがしいことよ

(十八楼女将 伊藤泰子訳)

*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*

「このあたり 目に見ゆるものは 皆涼し」
〔十八楼庭園内〕
蕉翁遺跡碑
鴎歩の水楼跡に建つ〔岐阜市湊町〕
瀟湘八景 瀟湘二水付近の八カ所の佳景、平沙落雁、遠浦帰歩、山市晴嵐、江天暮雪、洞庭秋月、瀟湘夜雨、煙寺晩鐘、漁村夕照の総称。近江八景はこれにならった。

瀟湘


中国湖南省洞庭湖の南にある瀟水と湘水湘江の別称

西湖


中国浙江省杭州の西にある湖。沿岸に丘陵をめぐらし、湖中に島堤があり、付近に岳飛の墳などの名勝古跡が多い。中国の著名な景勝地。

西湖十景
 
蘇堤春暁   曲院風荷
花港観魚   双峰挿雲
平湖秋月   柳浪聞鶯
南屏晩鐘   三潭印月
断橋残雪   雷峰夕照


 またある日、稲葉山(金華山)の麓、長良川の畔りに席を設けて、落梧・荷兮と待望の鵜飼を見た。
 鵜飼を待つ間、木陰で鮎膾を肴にして酒盛(酒宴)をした。詩趣が盛りあがり、芭蕉はつぎの句を詠む。

またやたぐひ ながらの川の 鮎なます

この長良川の鮎膾は何とたぐいないおいしいものだという思いを表現したもので、「またやたぐひ」と「や」を加えて字余りとすることによって、珍味だなあという感嘆が伝わってくる。
この時の鵜飼見物の句に、

おもしろうて やがてかなしき 鵜舟哉    芭蕉

がある。鵜舟が眼前を遠ざかって行き、水音・風声のみが聞こえる幽寂の世界。華やかな鵜飼が果て、すべてが闇に還る悲しさに芭蕉は心を打たれたのである。
同伴者の落梧・荷兮も、それぞれに句を詠んだ。

鵜の頬に篝こぼれて あはれなり    荷兮

篝火に 見おぼえのある 鵜匠かな    落梧

この時の状況を原史料で紹介する。

 

読解文
名にしをへる鵜飼といふ事を見侍らんとて、暮かけていさなひ申されしに、人々いなば山の木かげに席をまうけ、盃をあげて
 またやたくひながらの川の鮎なます

ぎふの荘ながら川のうかひとて、よにことごとしう云のゝしる、まことや其の興人のかたり伝ふるにたがはず、浅智短才の筆にもことばにも尽くすべきにあらず、心しれらん人に見せばやなど云ひて、やみぢにかへる此身の名ごりをしさをいかにせむ。
 おもしろうてやがて悲しき鵜舟かな


鵜飼風景
[写真提供:岐阜市観光コンベンション室]


 また、落梧が伊奈波神社へ芭蕉を案内しての帰途、その麓の閑静な浄土院(今の万力町大泉寺の西側にあった浄土宗寺院。明治初年廃寺)で俳筵を開き、旅情をなぐさめた。その時の句は、前書があり、つぎのようである。

落梧何かしのまねきに
応じて いなばの山の松
の下涼して 長途の愁
をなくさむほとに

山かけや 身を養む 瓜はたけ     はせを

石井の水に あらふかたひら     らくこ

貞享五年     (芭蕉)
            桃青

芭蕉句碑
岐阜市伊奈波通、伊奈波神社境内。
高さ40cm程の円筒形の碑。表には「芭蕉翁」「山かけや…」の句は後側に彫られているが、剥落が著しい。安永6年(1777)建立。

 

 稲葉山の山かげ、ここは大変に涼しくて安らいだ気持になる。それは、岐阜の人々の好意につつまれているからだ。この山麓で旅の疲れをいやそう。そこには自分の大好物の真桑瓜畑もあることだからという、落梧の好意を受けて、温い心でこれに応えている。
 落梧はこの瓜畑にちなんで「瓜畑集」編集を立てたが、成らずして没した。のちに、各務支考(蕉門十哲の一人、美濃派の祖)の『笈日記』に収録された。
 また、ある日、梶川町の有力者、松橋喜三郎の招きを受けて、芭蕉はここを訪れ、つぎの句を吟じた。

城跡や 古井の清水 まず訪はむ

 城跡は金華山の岐阜城址のこと。城は鎌倉時代の建仁年中(一二〇一~〇四)に二階堂行政が築いたのにはじまり、応仁の頃(一四六七~)から斎藤氏が住み、織田信長が美濃を攻略してからは雄壮な城廓が築かれ、信長の天下統一の拠点となった。慶長五年(一六〇〇)、関ヶ原の役で、岐阜城主織田秀信(信長の孫) は西軍に属したため、東軍に攻略されて落城。城はとりこわされた。


岐阜城(昭和31年・1956)再建
[写真提供:岐阜市観光コンベンション室]

 稲葉山(金華山)の荒はてた城あとに登った。
ここには昔のままの清水があるということだ。夏の暑さは格別である。冷水をたたえている城の古井をたずねて涼をとり、西行法師のように懐古の情にひたろう。
 芭蕉真蹟の前書は、「喜三郎何がしは、いなば山のふもとに閑居をしめて、納涼のためにたびたびまねかれければ」とある。
 このほかに、芭蕉の岐阜滞在中のよく知られた句に、

夏来ても ただひとつ葉の 一は哉

がある。岐阜滞在の期間、芭蕉の心意は、漂泊によって風雅の心を深めようという決意に支えられており、蕉風形成期にあたるということが出来る。
 この句は、漂泊孤独の芭蕉の心が、一つ葉に象徴されている。
 他にも数句あるが、あまり知られていないので省略する。
 岐阜俳人の芭蕉歓待中、越人(尾張十蔵・染物業、名古屋蕉門の一人)が来て芭蕉の出立を促した。漂泊の思いは、信州更科の姨捨山の月を見ることに募り、荷兮・越人と名古屋へ出発した。岐阜滞在期間は一か月余であった。留別の句に、つぎの二首がある。

送られつ 送りつ果は 木曽の秋    芭蕉

草いろいろ おのおの 花の 手柄かな    同

前へ 十八楼物語トップページへ 次へ

十八楼物語

W受賞

十八楼がメディアで紹介されました

十八楼 創業150周年事業についてのご紹介

- 岐阜県の老舗旅館なら長良川温泉と長良川の鵜飼が満喫できる旅館の十八楼へ -

十八楼 〒500-8009 岐阜市湊町 10 番地 TEL 058-265-1551 FAX 058-263-7518 Email: info@18rou.com