長良川温泉 十八楼俳句選|岐阜県にある老舗温泉旅館は長良川温泉 十八楼 創業160有余年

旅の思い出に一句いかがでしょうか

俳聖 松尾芭蕉は、金華山・長良川の自然美と、鵜飼の幽玄な世界に感動して、「十八楼の記」を記し、多く名句を詠みました。
この雄大な長良川や、昔の面影が残る町並み・川原町など、風情漂う景色の中であなたも一句いかがでしょうか。
入選された方には、プレゼントをお送りさせていただきます。
投句処は、1階ロビー句碑前にてご用意しております。

第二十三回入選作品 -令和二年 晩秋の部-

選句者:福島 白鵜

※ 無断転載・複製を禁じます。

特選

戦国の武士の名や鵜飼舟

愛知県 N様

大河ドラマの武将かな タイムスリップの一時でも

特選

冬落暉川面を染むる老舗宿

神奈川県 T様

宿からの夕日川面を染むる良き一時が思い出の中に

入選

窓越しに流れを聞かむ秋の川

愛知県 M様

入選

十七夜鵜飼の舟から十八楼

愛知県 H様

入選

長良川水面にうつる秋の月

愛知県 Y様

入選

秋日和釣り人集う長良川

岐阜県 I様

入選

句碑あまたある城山や紅葉して

岐阜県 T様

選者吟

麒麟来る井ノ口の里暮の秋

白鵜