長良川温泉 第十六回入選作品 |十八楼俳句選|長良川温泉 十八楼|岐阜県 創業160有余年

第十六回入選作品 -平成三十年 初夏の部-

選句者:福島 白鵜

※ 無断転載・複製を禁じます。

特選

篝火の輝く川面鵜の宴

大分県 K様

特選

浴衣着て鵜飼の客となりにけり

大阪府 M様

入選

母の日に祝いて集う十八楼

大阪府 I様

入選

伝統の鵜匠の技に踊る船

東京都 O様

入選

舟べりの水の手ざわり鵜飼待つ

東京都 K様

入選

船頭の涼しき声を溶く流れ

岐阜県 M様

入選

このあたりみな緑陰や翁句碑

東京都 O様

入選

篝火に顔浮き出づる鵜匠かな

岐阜県 O様

佳作

つぶやきの人語めきたる鵜籠かな

東京都 H様

佳作

十八楼記文字涼しき翁の手蹟

愛知県 H様

佳作

あじさいの川面にゆれし銀の風

群馬県 N様

選者吟

一つ葉や絡みて茂る芭蕉句碑

白鵜