長良川温泉 第十一回入選作品 |十八楼俳句選|長良川温泉 十八楼|岐阜県 創業160有余年

第十一回入選作品 -平成二十九年 早春の部-

選句者:福島 白鵜

※ 無断転載・複製を禁じます。

特選

梅一輪夕餉の宴おもてなし

可児市 N様

特選

立ち雛に心のこして旅おわる

一宮市 M様

入選

芭蕉句碑雪の帽子の川の宿

美濃市 G様

入選

雛囲みかしまし三人旅の宿

一宮市 Y様

入選

浅き春川面に跳ねる琴の音

岐阜市 I様

入選

ひばり鳴く清らかな水面長良川

兵庫県 H様

入選

釣り人が一人岩場に冬の川

犬山市 K様

入選

芭蕉忌や茜に染めし長良川

小牧市 F様

佳作

深雪晴れ川面に影の稲葉城

大垣市 W様

佳作

露天湯に晒す裸身や冬木の芽

半田市 I様

佳作

春浅き町屋も一味十八楼

名古屋市 Y様

選者吟

今年又女神のような牡丹の芽

白鵜