長良川温泉 第十三回入選作品 |十八楼俳句選|長良川温泉 十八楼|岐阜県 創業160有余年

第十三回入選作品 -平成二十九年 秋の部-

選句者:福島 白鵜

※ 無断転載・複製を禁じます。

特選

夢に見る芭蕉と見やる鵜飼かな

埼玉県 Y様

特選

暗闇にかがり火六つ鵜飼舟

静岡県 S様

入選

踊る鮎清流の里に火の粉舞う

千葉県 W様

入選

漆黒の闇と鵜の背に炎が照ゆる

京都府 T様

入選

手綱引く鵜匠の影や長良川

東京都 M様

入選

十八楼夕日に映える鵜飼舟

愛知県 K様

入選

新涼や流れ絶へざる長良川

岐阜県 E様

入選

十八楼翁も憩ひし鮎の宿

愛知県 I様

佳作

朝日てり秋の足音岐阜にあり

静岡県 I様

佳作

秋惜しむ今夜の宿は十八楼

京都府 K様

佳作

一筋の縄を絆の鵜と鵜匠

大阪府 H様

選者吟

菊月の雨に信長像の立つ

白鵜